2016年09月24日

河上恭一郎展 「想像と癒し、心のおもむくままに」

「創造と癒し、心のおもむくままに」

僕にとって、ものを作るということは、
技術が常に“ing”でなければならないと思っています。

ガラスの高温での溶け具合は偶然が生み出すことであり、
具体化すればするほど、
具象にならないものなのです
。
数年前から僕は、
ガラスに心を癒すかたちを求めて制作しています。

河上恭一郎氏の言葉です。

IMG_3738.jpg

IMG_3739 (1).jpg
 
IMG_3740 (1).jpg 

IMG_3741 (1).jpg 

IMG_3742 (1).jpg

河上恭一郎 プロフィール

1933年    千葉県市川市に生まれる
1956年    東京藝術大学工芸科図案部卒業
1956〜63   松下電器産業株式会社に勤務
1963〜86年  株式会社保谷硝子に勤務
1965〜66年 JETRO海外デザイン研究員としてスウェーデン、フィンランドに留学
1979年    New Glass A World Survey展
          入選、作品買上げ(コーニンググラスミュージアム・アメリカ)
1979・91・2000・06・10・13年
        東京銀座・和光ホールにて個展

1980年    「現代ガラスの美・ヨーロッパと日本」に出品
(東京および京都国立近代美術館) 
1982年    明治初期から現代まで 近代日本のガラス工芸展に出品
        (東京国立近代美術館) 
1986年    日本のガラス 300年 江戸から現代まで」に出品(サントリー美術館)



posted by muan at 00:27| Comment(0) | 展覧会情報