2016年07月23日

ミーヨン Mi-Yeon 写真展

ミーヨン写真展が始まりました。

コンクリートの割れ目に、ポツンと咲くよもぎ。
その草が、その道を通るたびに気になってきたと語ってくれました。
何かとの関わりができると、関心となって心にいつも引っかかります。
気づく、気になる、気がかり、
気持ちにその関わりが深く入り込んで。

日々の営みのなかで、
ただ無言で、でも目を合わせ、心を通わせていく。
何かと何かのつながり、関わりを持つことは
そんなことから二人、二つの間に、静かな時間がながれていきました。

写真展で、作家の心の流れに寄り添ってみていると
そのつながりが連鎖して、「私」もその「よもぎ」に関わりを感じてきました。

「よもぎ」が、「私に」なって
「私」が、「誰か」と関わりを持っていくような
不思議な感覚がよぎります。

「私」にとっても愛おしい存在に・・・。
かつてそこに自生したよもぎ
その日々の記憶が、そのまま「私」の記憶に沈んでいきました。

IMG_3679.JPG IMG_3680.JPG
posted by muan at 00:52| Comment(0) | 展覧会情報