2017年05月22日

有元利夫版画展

有元利夫版画展「想いを運ぶ人」

IMG_5993.jpg

有元利夫さんのコレクターである中村玄さんのコレクション展です。
約30年にわたり有元利夫の作品を見つめてきた歩みを、
展示された作品の中から垣間見るような時間でした。
一人の人の目を通して集められた世界を分かち合う機会をいただいたこと。
それは、
懐かしい日々を思い起こしながら語り合うような
滋味溢れるひととき。
お茶を飲みながら、
有元利夫の作品を通しながら
今の自分の日々を見つめるながら、
それらの「ながら」が
交錯したり、行きつ戻りしたり、
日常から非日常の世界をいったりきたり。
たわいもなく楽しい時間の共有でもあったような展覧会となりました。

有元利夫の世界が、そこに誘うような心地よさを
置き土産にして残してくれたような感じでした。

IMG_5998.jpg

IMG_6044.jpg

IMG_6041.jpg

IMG_6040.jpg

また会期中に、バロック音楽のコンサートが
有元利夫の作品の中で開催することができ、さらなる有元世界を満喫でした。

IMG_5984.jpg

会期中は、有元自身の作曲「RONDO」が、世界観を一層深く広く体感させてくれました。

注:有元利夫版画展は、5月5日(金)から開催。
ブログにUPするのが、前後しています。

posted by muan at 21:30| Comment(0) | 展覧会情報

絵本原画展「いのちのたべもの」

絵本原画展「いのちのたべもの」開催です。

初日に、絵本の絵を描かれた絵本作家・加藤休ミさんをお呼びして
ギャラリートークをいたしました。
18528096_877189892419388_4002209398252525155_n.jpg

この絵本は、友人の霜鳥英梨さんが発行されました。
たべものの大切さを伝えたいと
おむすび舎という一人出版社を立ち上げ
その初めての記念すべき刊行です。

”からだは食べたものでできている!”

食べることはいただくこと
いのちをいただくこと

・・・・・・・・
絵本は心のごはんです

たべることとおなじように
人のこころを あたたかく いやしてくれる絵本。
絵本は、たいせつな こころのごはん。

こころを込めて、手塩にかけて
つくり、手塩すことで
ひととひとのこころを やさしく「結び」ます。

そんふうに 絵本を作り、届けたい・・
それが おむすび舎の思いです。

        (おむすび舎のメッセージです。)

・・・・・・・・

いのち-h1.jpg

おむすび舎主宰の霜鳥英梨さん、絵本作家・加藤休ミさんと。
絵本へ託した思いで結ばれた、素敵な出会いに感謝です。
posted by muan at 12:26| Comment(0) | 展覧会情報

2017年04月26日

大桃沙織 金工展

大桃沙織さんの金工展が始まりました。

金工作品の一つ一つに
こまやかなで繊細な文様やフォルムに
柔らかな色合いと優しい風合いが漂っています。
中世的な、または
東洋と西洋の交易で栄えた懐かしい響きを持つ
楽曲「ペルシャの市場」を彷彿させるような
詩的な作品です。
作品から、
柔らかいトーンが聴こえてくるようです。
リズミカルに叩いて創っていく過程から
音と調べが心地よく生み出されていただろうと
勝手に想像しています。
美しい形には
美しい音楽のリズムとハーモニーが宿ります。

IMG_3963.jpg
posted by muan at 09:44| Comment(0) | 展覧会情報