2016年08月26日

廣川澄子小作品展

廣川澄子さんの個展が始まりました。

IMG_3427.JPG IMG_3422-1.JPG

〜久しぶりに描き貯めた小さい作品を並べることのしました。
教師時代「描くことで自分を見つけて」と、言い続けてきましたが、
描がいても描いても自分は見つかりません。
でも発見は日々あります。
一緒に「何を描いたのか」を考えてください〜  廣川澄子

IMG_3420.JPG 廣川澄子DMデータ.jpg

ギャラリーmuanの近くに位置する中学校に赴任されている7年間に
美術部の生徒を連れて、画廊に来てくださいました。
校外に出ての活動を続けて、生徒達が自分で感じ、考えることを
じっと気長に待ち、導き出し、育てる関わりを
大切に実践されてきた美術教師です。
そこから、しっかりと想像と創造の翼を広げ、
羽ばたき出した生徒さん達が、個展に駆けつけてきます。

人の役割、生き方などに
笑顔で真剣にギャラリー内で語り合う姿は
脇で聞きながら、若い芽が育つ楽しみ予感を感じます。
先生に出会った子供達は、幸せだとおもいます。

先生も頑張るというメッセージが込められた個展は
優しく熱く力強い励ましです。
初日から、熱気に満ちた個展です。

IMG_3424.JPG
posted by muan at 19:54| Comment(0) | 展覧会情報

2016年08月08日

in the book

初日オープニングが6時ごろから始まりました。

IMG_3283.JPG

本が主役の展覧会。
いつもの個展で作品がギャラリー空間を創り上げることと、
少し趣が違っています。
が、台の上に置かれた本の中も
やはり、作家の空間創出の一つです。
本は小さな宇宙。
広がりは果てしない世界です。

ページをめくりながら
奥深い森を訪ねます。

IMG_3286.JPG

隣の常設展室では、books はせがわさんが
「book knock」を開いてくださいました。
店主が選んだ本が並んでいます。

ギャラリーmuanは、アート図書室気分。
夏休み気分になって、本を手にコーヒを飲みながら
過ごしてください。

IMG_3277.JPG IMG_3284.JPG
posted by muan at 19:32| Comment(0) | 展覧会情報

2016年07月23日

ミーヨン Mi-Yeon 写真展

ミーヨン写真展が始まりました。

コンクリートの割れ目に、ポツンと咲くよもぎ。
その草が、その道を通るたびに気になってきたと語ってくれました。
何かとの関わりができると、関心となって心にいつも引っかかります。
気づく、気になる、気がかり、
気持ちにその関わりが深く入り込んで。

日々の営みのなかで、
ただ無言で、でも目を合わせ、心を通わせていく。
何かと何かのつながり、関わりを持つことは
そんなことから二人、二つの間に、静かな時間がながれていきました。

写真展で、作家の心の流れに寄り添ってみていると
そのつながりが連鎖して、「私」もその「よもぎ」に関わりを感じてきました。

「よもぎ」が、「私に」なって
「私」が、「誰か」と関わりを持っていくような
不思議な感覚がよぎります。

「私」にとっても愛おしい存在に・・・。
かつてそこに自生したよもぎ
その日々の記憶が、そのまま「私」の記憶に沈んでいきました。

IMG_3679.JPG IMG_3680.JPG
posted by muan at 00:52| Comment(0) | 展覧会情報